栄養成分記事一覧

オメガ3脂肪酸と言われるのは、健康に寄与する油の1つとされており、悪玉コレステロール値を引き下げたり中性脂肪の量を減少させる役割を持つということで、熱い視線が注がれている成分だとのことです。今の世の中は精神的に疲弊することも多々あり、このために活性酸素も多く生成され、細胞そのものがダメージを受けるような状況に置かれています。これを予防してくれるのがコエンザイムQ10というわけです。数種類のビタミン...

EPAとDHAの両方ともに、中性脂肪であったりコレステロールの数値を小さくするのに有益ですが、コレステロールに対しましてはDHAの方が、中性脂肪に対しましてはEPAの方が効果を見せると言われることが多いです。ビフィズス菌というのは、ヨーグルト関連で取り上げられることがほとんどなので、えてして「乳酸菌の仲間じゃないか」などと耳にすることもありますが、実際のところ乳酸菌とは違い善玉菌に属します。「膝に...

グルコサミンは、擦れて薄くなった関節軟骨を快復させるのみならず、骨を生成する軟骨芽細胞自体の働きを活発化させ、軟骨を強くする作用もあると聞きます。セサミンというのは、美容と健康の両方に役立つ成分で、この成分を食べ物から摂るというなら、ゴマを食べるといいと思います。セサミンが最も多く含有されているのがゴマだからという理由です。コエンザイムQ10というのは、受傷した細胞を元通りにし、素肌を綺麗にしてく...

クリニックなどで頻繁に耳に入ってくる「コレステロール」は、殊更太っている方なら誰であっても気にされる名称ではありませんか?人によっては、命の保証がされないこともあり得るので注意すべきです。体の中のコンドロイチンは、加齢によって必然的に減ってしまいます。それが元で関節の軟骨も減ってしまい、膝などに痛みが起こるわけです。真皮と言われる場所にあるコラーゲンが、少なくなることが原因でシワが発生するのですが...

コンドロイチンは、我々人間の皮膚であるとか角膜などを構成する成分の一種としても浸透していますが、断然大量に含まれているのが軟骨なんだそうです。人の軟骨の30%あまりがコンドロイチンだということが分かっています。食生活を適正化するとか運動するとかで、ビフィズス菌を増すことが最も効果的ですが、簡単には毎日の暮らしをチェンジできないと言われる方には、ビフィズス菌が混入されているサプリメントでも効果があり...

セサミンには、体の様々な部位で作られてしまう活性酸素だったり有害物質を排除し、酸化を妨害する作用があるということが実証されているので、生活習慣病などの予防とか抗加齢対策などにも効果があります。「便秘状態なので肌荒れがすごい!」などと言うような人も見受けられますが、これについては悪玉菌が原因だと考えて間違いありません。それ故、悪玉菌の働きを弱めるビフィズス菌を身体に摂り込むようにすれば、肌荒れもきっ...

グルコサミンは軟骨を成長には欠かせない成分で、老化を抑えるのに効果を見せてくれますが、ここでご案内するコンドロイチンは、軟骨の保水力もしくは柔軟性を上向かせるのに寄与するというわけです。ビフィズス菌が生息する大腸は、人の消化器官の最終の通り道でもあるのです。この大腸で悪玉菌が増殖しますと、排便といった重要な代謝活動が阻まれ、便秘が齎されてしまうのです。糖尿病だのがんなどの生活習慣病が元での死亡者数...

何種類かのビタミンを一緒にしたものをマルチビタミンと称します。ビタミンにつきましては、2つ以上の種類を適切なバランスで身体内に取り入れた方が、相乗効果が望めると指摘されます。残念ですが、ビフィズス菌は年齢を重ねれば低減してしまいます。これにつきましては、どんなに理想的な生活を実践し、バランスの取れた食事を心掛けたとしましても、その思いなど無視する形で低減してしまうものなのです。「EPA」と「DHA...